「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

前走レコードVのシークレットラン 京成杯の馬場傾向に適性はあるのか

分布図,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

クラシックを占う重要なレース

クラシックを見据えた3歳馬によって行われる京成杯(GⅢ)。皐月賞と同じ中山・芝2000mの舞台で行われ、過去にはダービー馬エイシンフラッシュ、昨年の皐月賞3着馬ジェネラーレウーノが勝利していることからも、クラシック戦線を占う上で重要なレースだ。今週も、馬場傾向と勝ち馬の上がりタイムから分析している編集記者が京成杯について徹底分析する。

まず先週の馬場傾向を振り返ってみよう。芝コースでは10レースが行われ、土曜日のカーバンクルS(OP・芝1200m)では1.07.0と速い時計が出るなど、ペース次第では高速決着になる馬場状態だと言えるだろう。

また、勝ち馬の平均の上がり3Fのタイムは、34.8と先週よりも0.4秒速くなっていた。Cコースに変わったこと、晴天続きで乾燥した日が続いているため、時計と上がりがともに速くなっていることを頭に入れておきたい。

おすすめの記事