「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ルメールと武豊が同じエージェントに 勝利数に影響はあるのか

武豊,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

6勝を挙げる大活躍

2019年の中央競馬が開幕し、1週目を終えた時点で武豊騎手が騎乗機会4連勝を含む6勝を挙げる大活躍を見せ、好スタートを切った。そんな武豊騎手にある変化が起きている。

すでに知っているファンも多いかもしれないが、2018年までエージェント(騎乗馬の手配や調整などをサポートする騎乗依頼仲介者)を務めていた平林雅芳氏が引退したため、2019年からルメール騎手のエージェントを務めている豊沢信夫氏に変更になったのだ。では、この変化によってどのような影響があるのか見ていこう。

エージェントは1人につき3人プラス若手騎手1人の最大4人まで担当することが認められている。豊沢氏はルメール騎手の他に、浜中俊騎手と若手騎手の城戸義政騎手を担当している。(2019年1月7日現在)そこに今回、武豊騎手が加わった。

エージェント側としては、昨年215勝を挙げてJRA年間最多勝利記録を更新したルメール騎手を最優先して、騎乗馬を調整することが予想されるが、騎乗馬が重なったときや遠征で騎乗できない際に、武豊騎手に代打騎乗を依頼しやすくなる。そうしたことからも、今回の契約はエージェント、ルメール騎手、武豊騎手の3者にメリットがあるものだと言えるだろう。

もちろん以前と変わらず、武豊騎手に騎乗してもらいたいと考える馬主、調教師は多いため、騎乗馬が劇的に変わることは考えづらい。

しかし、これまであまり騎乗機会の無かった安田翔伍厩舎や斉藤崇史厩舎などからも騎乗依頼が来ており、先週の日曜日には「さすが武豊!」と言わんばかりの結果を残した。

おすすめの記事