「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競馬でオーストラリア中の活動がストップ 南半球最大級のレース「メルボルンカップ」とは

メルボルンカップ,優勝杯,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

南半球最大級の長距離レース

オーストラリア・メルボルンのフレミントン競馬場にて毎年11月の第一火曜日に行われる長距離レース、メルボルンカップ(GⅠ)。1861年に創設され、当初は芝2マイル(約3218m)で行われていたが、1972年からはメートル法を採用し、芝3200mで争われている。

現在では南半球における最大級のレースとして位置付けられており、同レースの2018年の賞金総額は、625万豪ドル(約5億1000万円)。これは3200m戦、ハンデ戦として世界最高額だ。

同時に、「The race of stops a nation(国の活動を止めるレース)」とも言われている。その名の通り、メルボルンがあるヴィクトリア州ではレース当日は祝日となり、その他の州でもオフィスや商店が休みになることも多いという。

おすすめの記事