「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

有馬記念を知って競馬を楽しむ5つのポイント

2017 8/3 14:10クララ
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Norman Chan/Shutterstock.com

競馬ファンでなくても一度は聞いたことがあるのではないだろうか?「有馬記念」はあまりにも有名な競馬レースだ。 年末、これがないと年が越せないという競馬ファンも多い。 今回はこの「有馬記念」を楽しむためのポイントを紹介する。

有馬記念とはどんなレース?

有馬記念は、毎年12月下旬に開催され、日本中央競馬会の1年をしめくくるG1レースとして位置づけられてきた。開催場所は千葉県船橋市の中山競馬場で、芝の距離2,500mで競われる。ファン投票で出走馬を選考するという特別な方式がとられており、競馬ファンの盛り上がりも相当なものだ。
日本では「日本ダービー」と共に最も人気のレースと言われており、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の2016年世界のトップ100G1レースでは、世界13位と発表されるほどの人気ぶりだ。

有馬記念の歴史

第1回は、1956年に「中山グランプリ」という名前で創設された。当時、ファン投票で出走馬を選出する方式というのは画期的なものだった。第2回の時に、創設者の有馬頼寧理事長が亡くなったことで「有馬記念」と名前が改められて現在に至る。
1995年からは、地方競馬所属の馬も出走が可能になった。外国馬は2000年から2006年までは当該年度のジャパンカップで優勝した馬だけだったのが、2007年からは6枠と増やされて国際競走となった。

おすすめの記事