「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中山大障害を知って競馬を楽しむ5つのポイント

2017 8/3 14:10クララ
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by NEIL ROY JOHNSON/Shutterstock.com

中山大障害は、中山競馬場で毎年12月の末頃に行われるJ・GIの障害レースだ。 同じ頃に開催される有馬記念と共に、競馬ファンにとっては、その年のしめくくりの目玉レースとも言えるだろう。 今回は、この障害レースを楽しむポイントを紹介する。

中山大障害の歴史、出走資格は?

千葉県船橋市にある中山競馬場で行われている中山大障害の歴史は古く、1934年に第1回が「大障害特別」という名前で、日本で最も難しい障害競走として開催された。1935年からは春と秋の年2回開催されるようになり、「中山大障害」という名のレースとなったのは1948年秋からだ。
1999年からは、春は「中山グランドジャンプ」に変わり、現在は年1回、年末頃に開催される。出走資格はサラ系障害3歳以上で、3歳61kg、4歳以上63kg、牝馬2kg減だ。また、現在は外国馬も出走可能だ。

迫力あるコースの障害

中山競馬場の4100mにコースが作られる。高さ1.4mのいけ垣、高さ1.6mの大いけ垣、高さ1.3mの竹柵、高さ1.6mの大竹柵、幅3.7mの水ごうなどが要所要所に設定され、そのほか高低差5.3mの谷を下る、上るといったキツいコースだ。そして最後は障害なしの直線で盛り上がる。
また、内と外が入れ替わる「たすきコース」を2度通過しなければならないのだが、ここでのコース取りも勝敗にかかわってくる。障害を高くジャンプして飛び越えていく馬の姿は、平地での競走とはまた違った迫力のあるものだ。

おすすめの記事