「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズの楽しみ方

2017 8/3 14:10kinsky
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by gabriel12/Shutterstock.com

中央競馬の「阪神ジュベナイルフィリーズ」は年末の名物レースとなっている。ここをステップに翌年のクラシックレースに出場する馬も多く、いわば名馬の登竜門だ。今回は「阪神ジュベナイルフィリーズ」を楽しむ方法を紹介する。

2歳牝馬に限定されるので、生涯に一度しか出走出来ないレース

阪神ジュベナイルフィリーズは、2歳牝馬にとって総決算となるレースだ。以前は「阪神3歳ステークス」という呼称で関西所属の3歳馬チャンピオンを決めるレースだったが、2001年から馬の年齢を国際基準の満年齢に変更することに伴い、現在のレース名となった。
2歳牝馬に限定されているので、馬にとって一生に一度しか出走出来ない。格付けはG1(グレードワン)の最高格付けレースのひとつ。一着賞金は6500万円だ。

毎年12月に阪神競馬場1600メートルコースで開催

阪神ジュベナイルフィリーズが行われるのは毎年12月で、場所は阪神競馬場である。芝コースの距離1,600メートルで行われ、最大出走頭数はフルゲートの18頭。出走資格はサラブレッド系の2歳牝馬で、JRA所属馬、地方競馬所属馬(最大5頭)、外国調教馬(最大9頭)だ。
出馬登録馬から所定の優先出走権を得ている馬が優先され、地方馬は前哨戦の指定レースで2着以内に入ることが条件だ。その他、取得賞金が多い順に出走権が与えられる。

おすすめの記事