「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

障害レースもおもしろい!中山グランドジャンプの楽しみ方

2017 8/3 14:10ユタロー
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dennis W Donohue/Shutterstock.com

競馬は土や芝の平地をどれだけ速く走ることができるのかを競うものだと思いがちだが、障害物競走というレースもある。迫力ある馬の躍動する姿は、平地を走る馬とはまた違う興奮と感動を与えてくれる。 今回は中山グランドジャンプの楽しみ方について紹介する。

障害競走とは

馬がジャンプをするというと、馬術競技のようなイメージがある。馬術の障害飛越競技は、ジャンプの美しさも競うが、競馬の障害競走においてはジャンプの美しさは関係なく、平地競技と同様にゴールへと到達した順位を競う。
ライバルとのスパートのタイミングを読み合うだけでなく、障害を越えていく必要もあるので、馬と騎手とのコンビネーションが試される競技だ。非常に迫力のある競技であり、熱くなる。

中山グランドジャンプの歴史

中山グランドジャンプは、JRAが中山競馬場で開催するGIレースだ。このレースは、1934年に中山競馬倶楽部の理事長を務めていた人物が、東京優駿に負けないようなレースを作りたいということで開催された。
当時は「大障害特別」と呼ばれており、春と秋に開催されていた。平地レースとは異なり、総距離は4250mと距離が非常に長くなっている。途中には通常の竹柵や生け垣に加えて、高さ160cmの大竹柵や大生垣などが配置されている。

おすすめの記事