「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シーズン前半ナンバー1はどの馬?宝塚記念の楽しみ方

2017 7/12 14:39ユタロー
競走馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by gabriel12/Shutterstock.com

同じGIレースであっても、通常のレースと一味違うのが宝塚記念だ。 競馬ファンの投票によって出走する馬に変動があるため、シーズン前半のナンバー1を決めるレースと言っても過言ではない。 そんな宝塚記念を楽しむためのレース概要や歴史、近年の動向などについて紹介する。

宝塚記念とはどのようなレースか

宝塚記念は、JRAが開催するGIレースの1つだ。阪神競馬場で開催され、コースは芝コースの2200mという中距離コースに設定されている。
出走資格としては、サラブレッド血統の3歳以上の競走馬に限定される。JRA所属馬や地方所属馬、外国調教馬が出走できる。しかし、最大出走数18頭のうち10頭は、特別登録を行った競走馬のうち競馬ファンが投票した上位10頭が優先的に出走できるようになっている。また、外国調教馬については最大8頭までと制限されている。
この投票によって出走馬が選出されるシステムが、ほかの一般的なGIレースと違って面白い点だ。
宝塚記念の賞金額は次の通りだ。

・1着 1億5000万円
・2着 6000万円
・3着 3800万円
・4着 2300万円
・5着 1500万円

宝塚記念の歴史

1960年ごろの関西の競馬界では、春に開催される天皇賞くらいしか大きなレースがなく、日本ダービーや秋に開催される天皇賞、そして有馬記念などの大きなレースを有する関東とは大きな格差があった。さらに、ファン投票を行うという有馬記念の試みが成功したことから、関西でも同様に投票式のレースを行おうという意見が多数が出てきたため、1960年に宝塚記念が創設された。
記念すべき第1回の開催では、コースが現在と若干違っており、1800mと比較的短いコース設定となっていた。その後、第2回から第6回までは2000mに変更され、第7回以降は現在と同じ2200mで開催されている。

宝塚記念の近年の動向は?

宝塚記念は開催される時期が梅雨のシーズンにあたることから、天候が荒れてしまうことが多い。また、阪神競馬場の内回りを使用する唯一のレースであるため、他のGIレースに比べて波乱が起こりやすい。2001年、2002年、2008年、2010年、2011年、2015年の宝塚記念を制覇した競走馬は、この宝塚記念で初めてGIレースを勝利したという競走馬となっている。
また、第1コーナーまでの距離が長いため、枠順による有利不利は比較的少なく、逃げの脚質を持っている競走馬や、早いタイミングで差しに行くことができる競走馬が有利になる傾向にある。近年特に印象に残っている2013年と2014年を連覇したゴールドシップは、早い段階で差しに行き、勝利を獲得したのが記憶に新しい。

まとめ

宝塚記念は、ファン投票により出走馬が選ばれることから、ファン自身もレースの運営に参加しているような気分になることができる。 自分の選んだ馬が勝利すると非常にうれしい。ぜひ投票をして観戦に行ってみてほしい。

関連記事

おすすめの記事