「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

勝利の女神に微笑まれた馬が勝つ?日本ダービの楽しみ方

2017 7/12 14:39ユタロー
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Joe Benning/Shutterstock.com

日本で行われるレースには数々の謂(いわ)れがある。たとえば、皐月賞では最も速い馬が勝つとされている。 そして日本ダービーは、最も幸運に恵まれた馬が勝つと言われているのだ。 今回は、そんな日本ダービーを楽しむためのレース概要や歴史、近年の動向について紹介する。

日本ダービーとはどのようなレースか

日本ダービーはあくまでも副称であり、正式名称は東京優駿という名前のクラシックレースだ。JRAが東京競馬場で開催するレースであり、毎年5月末から6月初旬にかけて開催される。コースは、芝を使用した2400mの一般的な中距離コースを使用している。
日本ダービーに出走することができる競走馬は、サラブレッド血統の3歳の牡馬・牝馬に限られる。地方競馬所属の競走馬が出走資格を得たい場合は、プリンシパルステークスで1着、青葉賞、京都新聞杯で2着以内、そして皐月賞で4着以内の成績を残すと優先出走権を与えられる。また、外国調教馬については、9頭までが優先出走の権利を有することができる。
日本ダービーの獲得賞金は、次の通りだ。ジャパンカップ、有馬記念に次いで第3位の獲得賞金額となる。

・1着 2億円
・2着 8000万円
・3着 5000万円
・4着 3000万円
・5着 2000万円

日本ダービーの歴史

日本ダービーは、競馬発祥の地であるイギリスで開催されているダービーステークスをもとに創設された。皐月賞や菊花賞、桜花賞や優駿牝馬などのレースと併せてクラシックレースと呼ばれている。創設当初は目黒競馬場で開催されていたが、第3回から東京競馬場での開催に変更され、現在に至るまで変更はされていない。
また、レース距離についても、第1回から変わらず2400mに設定されている。
日本ダービーの賞金獲得額は、1973年までは国内最高金額1億円として設定されていた。しかし、ジャパンカップや有馬記念の賞金額が上回ったことで第3位の賞金額となり、2億円の賞金額に引き上げられた現在においても、第3位に位置している。

日本ダービーの傾向は?

日本ダービーについては、運の強い馬が勝つと言われているものの、運だけで勝つのではなく、しっかりと実力がある中で優勝を勝ち取る馬が多い。そのため、圧倒的に人気馬が制覇する確率が高いレースと言えるだろう。直線の距離も比較的長距離となっているため、奇跡やまぐれが起こりにくいことでも知られている。
毎年の傾向としては、4月に開催される皐月賞で人気が高い、もしくは実績で上位に食い込んだ競走馬については、日本ダービーでも上位に食い込みやすいと言われている。

まとめ

日本ダービーを制覇することは、競走馬だけでなく騎手やオーナーにとって非常に名誉なことだ。 毎年白熱した展開になる日本ダービーを、ぜひ一度観戦して欲しい。

関連記事

おすすめの記事