「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競馬史に残り続ける「ライバル名馬」5選

2017 6/13 12:41mikky
競馬,レース
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 gibleho/Shutterstock.com

日本競馬会が発足した1936年から、日本の競馬界は80年以上の歴史を乗り越えてきた。この長い年月の間、膨大な数のサラブレットが覇権を争い名勝負を繰り広げている。今回は、競馬史に残る「ライバル関係」を見せた競走馬を紹介する。

競馬史上最高のマッチレース「テンポイント・トウショウボーイ」

競馬ファンが最初に推す史上最高のライバル関係は、テンポイントとトウショウボーイだろう。1975年、デビュー戦から5連勝と順調にスターへの階段を駆け上がっていた鹿戸明鞍上のテンポイントだったが、これに立ちはだかったのが武邦彦のトウショウボーイ。初対戦で5馬身差をつけられた皐月賞を含め、両者は2年間で6度対戦し、トウショウボーイが4勝と大きく先行していた。
そんなトウショウボーイの引退レースとなった77年の有馬記念。最後の対決となったテンポイントは、並々ならぬ気迫でマッチレースを繰り広げて勝利した。タイム的には平凡だったものの、ストーリー的にも最高のライバル関係としてファンに語り継がれている。

グラスワンダーとスペシャルウィークの外国、内国産ライバル決戦

1990年代の内国産と外国産によるライバルとして名高いのは、グラスワンダーとスペシャルウィークだろう。ダービー馬として国内レースで無類の強さを誇っていたスペシャルウィークだったが、外国産馬のグラスワンダーに初対決では完敗。世代最強の称号を得るためには、引退レースとなる有馬記念で、どうしてもグラスワンダーを倒すしかなかった。
99年の有馬記念でグラスワンダーは、左肩の筋肉痛に悩まされながらの微妙な状態での出走だったが、それでも人気はグラスワンダーが上であった。レースは抜け出しにかかったグラスワンダーを、スペシャルウィークが捕らえたかのように見えたが、わずか4センチの差でグラスワンダーが制した。

おすすめの記事