「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競馬ってスポンサーはいるの?

2016 11/29 12:30
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mikhail Pogosov / Shutterstock.com

競馬をもっと詳しくなりたい方へ。 個人や企業が出資する「スポンサー」について、知りたいと思いませんか? 今回は、国が出資して運営されている競馬に、どのような形で個人や企業が出資することができるのか、ご紹介します。

個人でスポンサーになるにはどうしたらいいの?

個人で競馬に出資するには「個人協賛競走」と呼ばれる専用のレースに申し込みを行う必要があります。そのレースはどこの競馬場でも行われているということではなく、地方の競馬場の一部のみです。そのレースに出資するとレース名を個人で決めることができるという競馬場が多いです。他にも特別席でそのレースを見ることができる、そのレースのビデオをもらうことができると競馬場によって違いがあります。出資する金額は競馬場によって異なり、数千円~数万円とばらつきがあります。

企業もスポンサーになることができるの?

企業も個人と同様に出資してスポンサーになることができます。その場合も個人と同様でレースの種類は決まっており、申し込みもあらかじめ行う必要があります。特典も競馬場によって異なりますが特別席での観戦や企業の命名したレース名が使われるといったことの他にも、企業で扱っている商品を紹介することができるところもあります。ただし、競馬場によっては出資する金額が個人に比べ高額に設定されていることもあり、個人なら数万円のところを企業の場合10数万円必要になることもあります。

スポンサーとして申し込むにはどうしたら良いの?

個人や企業での出資を受け入れている競馬場のほとんどはホームページに専用のページを設けています。「冠レース」「協賛レース」といった名称で募集されていることが多いようです。専用のホームページにいくと、申込書や誓約書等PDFで表示されており、印刷してFAXもしくは郵送することで申し込みができます。競馬場によっては名前の由来も場内アナウンスされるため記入するスペースが設けられているところもあります。ただし、レース名や由来に字数制限が設けられていることもあるため注意が必要です。

今まで競馬でどんなレース名がつけられたの?

レース名でよくつけれられるのは「○○結婚記念日」「○○誕生日」といったものがあります。他にもあるチーム結成祝いやそのチーム○周年といったことや退職祝い、退院祝いに関した名前も付けられることがあります。お祝いに関するレース名が大半を占めています。そんな中でも競走馬そのものを祝う名前を付ける人もいれば、今の気持ちをメッセージにしてレース名を決めるという人もいます。ただし、競馬場の判断で申し込みされたレース名を断ることもあるため常識の範囲内でレース名を決めることが必要です。

スポンサーになるにはお金以外の物でもよい場合もある

出資は基本的には金銭のやり取りのみの競馬場が多い中、中には他の物を用意することができる競馬場もあります。例えば、数万円以上の副賞を用意しておけば出資するお金はいらないというところもあります。副賞の内容が指定されているところもあり、企業が出資する場合には自社製品は予め相談することが必要ということもあります。ある場所では、レース関係者への商品、ファンサービス品の提供、場内イベントの開催のいずれかを選ぶことができる場所もあり、それぞれ特色があります。

まとめ

いかがでしたか?レースに出資して好きな名前を付けて場内で案内されるとうれしいものですよ!何かの折に皆さんもレースに名前をつけてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事