「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【AI紫苑S予想】ウインマイティーは5番手まで 本命はダイナカール牝系の超良血

2020 9/12 06:00SPAIA編集部
AI紫苑SインフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

スカイグルーヴの適性を評価

9月12日に中山競馬場で行われるのは紫苑S。2016年の重賞格上げ以降、秋華賞の好走馬も数多く輩出している注目の前哨戦だ。このレースをAIはどうみたのか?

本命はスカイグルーヴ。言わずと知れたダイナカール牝系の超良血で、春はGⅡフローラSでも1番人気に推された馬だ。中山芝2000mは京成杯で牡馬相手に2着と好走している舞台であり、その適性をAIは高く評価した。

対抗はシーズンズギフト。距離は違えど中山コースは重賞で2度の馬券圏内。通算成績【2-1-1-0】と底を見せていない。重賞昇格後の4回で3勝を挙げる「キャリア4戦」にも該当する。

紫苑Sキャリア別



3・4番手はオークス5着馬のマジックキャッスル、パラスアテナと伏兵を指名。反対に人気が予想されるウインマイティーは既に7戦を消化と使い込まれている点を嫌ってか5番手止まりとなった。

AI予想エンジンKAIBA
◎スカイグルーヴ
○シーズンズギフト
▲マジックキャッスル
△パラスアテナ
×ウインマイティー

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

おすすめの記事