「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

観戦がもっと面白くなる!ハンドボールの歴史

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek/Shutterstock.com

屋内スポーツとして徐々に広まりつつあるハンドボール。日本での競技人口はまだまだ少ないですが、海外ではサッカーやラグビーと同じくらい人気のスポーツでもあります。よりハンドボールを知っていただくために、今回はハンドボールの歴史についてご紹介したいと思います。

ハンドボールの歴史の始まり

ハンドボールの歴史は古く、古代ローマの女性達が「expulsim ludere」と呼ばれていた球技をプレーしていたのが始まりとされ、その記録は紀元前600年頃のものと思われるアテネの遺跡にみられます。
他にも中世フランスや、グリーンランドのイヌイットの間でハンドボールによく似たゲームが行われていた記録があり、19世紀までに世界の様々な国でハンドボールのような球技が存在していました。19世紀終わりにデンマークのホルガー・ニールセン7人制を考案し、次いで1910年代にドイツでコンラッド・コッホが11人制を考案したのが現代のハンドボールの発祥です。

世界に普及していくハンドボール

ハンドボールの最初の国際試合は男子が1925年のドイツ対ベルギー、女子は5年後の1930年にドイツ対オーストラリアの大会が行われました。その後1928年に国際アマチュアハンドボール連盟が誕生し国際ルールの統一化が行われました。これによって1938年にドイツで初めてのハンドボール世界選手権大会が開催されます。
そして1976年に国際ハンドボール連盟が結成されたのです。当初は11人制が主流でしたが、女子は1962年、男子は1967年世界選手権から7人制で統一されました。

おすすめの記事