「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハンドボールで使われるボールの選び方を解説します!

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vectorfusionart/Shutterstock.com

華麗なシュートで見ごたえ十分なハンドボールですが、ハンドボールで使われるボールにも実はいろいろな種類があります。今回はそんなハンドボールのボールに焦点を当てて解説します。

ボールのサイズによる分類

ハンドボールのボールは片手で取り扱えるようなちょうどいいサイズに規定されています。大きく3つのサイズに分けられていて、それぞれ1号、2号、3号という呼び方をされています。
1号は小学生用とされていて直径16㎝、バレーボールくらいの重さです。2号は中学生と女性向けとされていて直径18㎝、重さはドッジボールくらいです。3号は高校生以上の男子用で直径19㎝、重さはサッカーボールくらいあります。
これらの規格以外にもソフトハンドボールという150g程度のかなり軽いボールもあり、入門用として重宝されています。

日本ではアウトドア用のボールがある

ハンドボールは公式には屋内競技場での競技とされていますが、日本の部活動などでは屋外グラウンドで行われることも多くなっています。そのため、ボールもインドア用とアウトドア用、両方兼用の3種類が販売されています。
アウトドア用として売られているものは、外で使われることで砂などにより傷つくことを想定して、なるべく表面が強い素材で作られることが多くなっています。よく見られるゴムで作られたボールはたいてい屋外用として作られたボールです。ちなみにスポーツテストのハンドボール投げでは、ゴム製の2号ボールがよく使われます。

おすすめの記事