「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これがハンドボールの決め手!フェイント上達のコツ5つとは?

2016 12/9 12:03
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek / Shutterstock.com

ハンドボールに興味がある方へ。 もっとハンドボールの戦略性を高める方法を知りたい人のために、 今回は、「フェイント上達のコツ5つ」を紹介する。

攻撃の幅を広げるフェイントとは?

ハンドボールの練習を積み重ねていくと、フェイントしても結局インに攻めてしまう方が多い。これは、ゴールに近いほうへ行きたいという心理が働くからだろう。フィールドを広く使うためにも、アウトを意識したフェイントを活用していきたい。フェイントの基本は、裏の裏をかくこと。「フェイントしてもインに行くだろうな」という相手の裏をかけば、試合展開が大きく変わってくる。ここぞというときに「いつもと逆」の一手を使うのが、フェイントのうまい選手といえる。

オーバーフェイントは、効果的な戦術

フェイントでよく使われるのが、オーバーフェイント。重心を大きく片方に寄せて、ディフェンスを引き付ける。間合いを詰めてきたタイミングで、相手の逆方向へ切り返すフェイントだ。オーバーフェイントは、ボールの位置をどこにずらすかがポイントになる。また、パスをもらう前に「ディフェンスの正面に立たないこと」も必要だ。心理的に揺さぶるだけはなく、ボールを受け取るときとフェイントをかける前のスタンスも意識してほしい。

おすすめの記事