「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シュートを極めたい!ハンドボール上達のコツ5つとは?

2016 12/9 12:03
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ステップシュートも、攻撃の要(かなめ)

ステップシュートがきれいに決まれば、確実な得点源につながる。ハンドボールの基本技でもあるので、しっかりと極めていきたいところだ。
ポイントは、「スナップを利かせる」ことと、「ボールを回転させる」ことで、利き手と反対側の肩を開かないのも、ステップシュートの精度が上がる秘訣だ。ほかにも、コンパクトな動きを意識して投げたり、体の横ではなく「体の前で」ボールを投げることも大切だ。これらをマスターすれば、より速いステップシュートが使える。

しっかりと決めたいブラインドシュート

ディフェンスを利用することで、キーパーにシュートするタイミングを見せないテクニックだ。ブラインドシュートが上手い選手が1人でもいれば、攻撃の幅が広がる。ブラインドシュートでは、何よりもフェイントが大切だ。
まず、上からシュートを狙うフリをしてディフェンスの意識を上に誘い、ディフェンスが手を上げたら、すかさず空いた脇のコースからシュートを決めよう。どちらのコースを選ぶのかは、キーパーの位置によって使い分ければいい。

キーパーとの直接対決ならば、ループシュート

ループシュートも、フェイントありきの攻め方だ。ディフェンスをかわしてキーパーと1対1になったら、ジャンプシュートと見せかけて「ループシュート」を決めよう。ポイントは、「強いシュートを投げる印象を与えられるか?」だ。
キーパーが一番恐れるのが「勢いのあるジャンプシュート」のため、意表を突くには最適の攻撃手段となる。フォームは普段のジャンプシュートと変わらないのですが、高い打点から離すようにしてください。ループシュートと見せかけて、ジャンプシュートを狙うのも効果的な戦略だ。

まとめ

ハンドボールのシュートは、「勢いのある攻撃」か「意表を突いた攻撃」が重要だ。 「勢いのある攻撃」では、体の使い方やボールを投げるタイミングを意識してほしい。 「意表を突いた攻撃」では、いかにフェイントをかけるかがポイントだ。 実戦で経験を積んで、しっかりと使い分けよう。

おすすめの記事