「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

覚えておきたい、ハンドボールのパス!上達のコツ5つ

2016 12/9 12:03
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek / Shutterstock.com

ハンドボールに興味がある方へ。 「もっとうまくなりたい!」と考えている人のために、 今回は「ハンドボールパス、上達のコツ5つ」をご紹介します。

パスの重要性

ハンドボールでは、シュートも大切ですが、何よりも「パス」がうまくなければ始まりません。特にパスキャッチが下手だと、次の行動が遅くなり、チームの足を引っ張ってしまいます。ハンドボールに慣れると、どうしてもパスの練習を軽視しがちにする人が出てきます。しかし、ハンドボールが強いチームは、メンバー同士のパスワークに優れているのが特徴です。基本に立ち戻って、どうすればスムーズなパス回しができるのかを考えていきましょう。

「パスキャッチ」を振り返ろう

パスキャッチの基本は、利き手の前方(胸あたり)で、三角形を作って構えることです。脇を軽くしめて、力を入れずにボールをキャッチします。脇は、しめ過ぎても、開きすぎても、ミスキャッチの原因になります。
また、キャッチできたとしても、次の動作が遅れてしまうでしょう。パスキャッチでは、どんなボールでも受けられる構えであり、絶好の体勢でパスを出せることが大切。自分がミスキャッチをしたら、「パスキャッチに無駄はないか?」。相手がミスキャッチをしたら、「パスの送り出しに問題はなかったか?」を常に意識してください。

おすすめの記事