「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハンドボールはパスが重要!パスの種類を理解しよう。

2016 12/9 12:03
ハンドボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ivica Drusany / Shutterstock.com

ハンドボールにおいてパスは、試合の流れを変えてしまう程大切な役割を持っています。相手にとられにくく味方に受けてもらいやすい素早いパスが理想的です。その時々の状況に合わせて瞬時に判断し、ぴったりのパスを出すことが必要になります。どのような種類のパスがあるのかをご紹介します。

オーバーハンドパス

最も基本的なパスであらゆる場面で使われます。ショルダーパスとも呼ばれ、肘を高く上げて手を肩より上に持ち上げて投げます。高い位置のボールは相手には取りにくいのがメリット。通常ボールに縦方向の回転をかけコントロールしやすくします。
ボールを投げる瞬間に足のつま先を投げる方向にステップし、重心を移動させて投げる方向を変えることができるので様々な場面でよく使われます。体のバネを使用して投げるため、ロングパスをしたい時にも向いています。

ラテラルパス

ハンドボール独特の手首のスナップで投げるパスです。腕と手首のスナップで瞬時に投げるので、思い立った時にすぐ投げることができ、素早くボールを渡したい時に便利です。肩を使わずバックスイングがないため、相手にパスのコースが予想されにくくなり、的確に味方にパスすることが可能です。特に相手がすぐ側にいる時やショートパスの時には有用です。相手の守りの手を避けるために、胸の位置よりも上または下から投げることもあります。

おすすめの記事