「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハンドボールの基本的ルールとは?

2016 10/11 18:34
ハンドボール 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by muzsy/ Shutterstock.com

ハンドボールの存在は知っていても基本的なルールまで知っている人はなかなかいないのではないでしょうか?ルールを知ったらハンドボールの試合を見るのも楽しくなると思うので、ぜひルールを知ってくださいね!

コートについて

ハンドボールのコートのサイズは40m×20mで、ゴールのサイズは高さ2m×幅3mと決まっています。 また、40mのラインをサイドラインと呼び、20mのラインをアウターゴールラインと呼びます。 ゴールラインはゴールの前方6mにありゴールキーパー以外は入れません。 ゴールラインから9mのところにあるラインをフリースローラインといいます。 コートの中心にあるラインをセンターラインといい、試合を開始するときに使います。

試合時間について

競技時間は、中学生の場合は前半後半それぞれ25分で、高校生以上が前半後半それぞれ30分。休憩はどちらも10分間です。前半後半で勝敗がつかなかった場合は延長戦をやります。後半終了後に5分間の休憩をはさみ、その後10分間の延長戦を行います。それでも勝敗がつかなかったら、延長戦またはスローで決着をつけます。
延長線かスローかは大会によって違います。延長戦以外の前半後半にあわせて3回ずつそれぞれ60秒のタイムアウトをとることができます。

おすすめの記事