「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道、東北の体操強豪校をリストアップ

2017 1/25 10:28
東北、体操、強豪校
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Polhansen/Shutterstock.com

オリンピックでも花形種目となっている体操競技。全国の高校でもクラブ活動が盛んです。 そこで、未来のオリンピック選手を目指して活動している北海道、東北の高校体操部の強豪高を紹介します。

札幌白石高校体操部は、北海道の大会では団体優勝の常連校

札幌白石高等学校は、文武両道の精神で、文化及び運動部のクラブ活動が盛んです。特に運動部では体操部やサッカー部が全国大会に出場した実績があります。
体操部は男女ともに強く、2016年の北海道選手権大会では男子が6年連続で団体優勝を果たし、女子も2位という成績でした。男子では個人総合で2位を含め10位までに4人の選手が入るという好成績で、2016年の全国高校総体北海道代表にも選ばれました。
エースの多田悠利選手は種目別5種目すべて北海道大会で3位以内の成績で、将来有望なユーティリティプレーヤーです。

明星高校体操部は、宮城県では無敵の強豪高

宮城県仙台市の明星高等学校は、明治12年私塾として設立された歴史のある学校です。建学の精神は「学」「心」「身」すべてにおいてバランスが取れた人材の育成です。
体操部は、高校総体の男子団体と個人優勝が各1回、女子も高校総体団体優勝1回の実績がある強豪校です。宮城県大会では男子が団体・個人とも8連覇を飾り、女子も団体で7連覇するなど県内では敵なしという強さです。
7月に佐賀県で行われたインターハイでは、男子が団体で7位となり、個人種目のつり輪で山本選手が6位に入賞しています。

おすすめの記事