「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操の平均台の基礎知識を知るともっと競技が面白くなる

2016 12/9 12:03
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brendan Howard / Shutterstock.com

体操の人気競技のひとつである平均台。ルールなどの基礎知識を知ればもっと面白く平均台が楽しく見れるようになります。採点の仕方や、なぜ男子種目にはないのか?など、今回は体操競技のひとつである「平均台」の基礎知識をご紹介します。

平均台とは

平均台とは少し高さのある1本棒のようなものの上で飛んだり跳ねたりする競技で、演技の美しさや難易度を競います。幅の広い綱渡りの上で演技をしていると言えば分かりやすいでしょうか。平均台は美しさと技の難易度の点数によって勝敗が決まります。体操には団体と個人総合という種目があり、団体は1チームごとに任された人たちがそれぞれ競技をし、チーム合計の点数で争います。
個人は1人が色々な協議をし、点数を争います。女子の場合はこの平均台が団体、個人ともに取り入れられています。

採点の仕方

平均台は高さ125cm、長さは5mあります。幅は10センチしかありません。この上で90秒演技します。平均台の上でジャンプしたりターンしたりバランスをとったり、さらには宙返りをして点数を稼ぎます。90秒以上演技をしてしまうと失格になるわけではなく、減点の対象になるため、90秒ギリギリよりも80秒ぐらいで終わることが多いです。採点の仕方は2種類あります。一つはどれだけ美しく演技をすることができたのかという実施点、Eスコアというもの。

おすすめの記事