「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操の観戦がもっと面白くなる!「跳馬」のルールと基礎知識

2016 12/9 12:03
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lilyana Vynogradova / Shutterstock.com

オリンピックでメダルラッシュに湧いた体操競技ですが、どのように採点しているのでしょう? 体跳馬のルールと採点方法などの基礎知識をおさらいしてみます。 また、男子と女子との違いを知ると、違った目で競技が見られるかもしれません。

跳馬の演技の流れと男女の違い 

跳馬は、使用する器具は男女で変わりはありませんが、器具の高さに違いがあります。 男子の競技の場合は、器具の高さは135cmとなっており、助走方向に対して縦向きに置かれます。一方、女子の場合は高さ125cmとなっており、置く向きは男子と一緒になります。
器具の前にはロイター板が置かれます。助走してきて、ロイター板で踏切り、器具に手をついて跳び、着地するまでの間に技を繰り出すという流れの競技になります。跳び箱を高度な技を用いて跳ぶと考えると分かりやすいかと思います。

跳馬特有の反則行為

体操には色々な種目がありますが、その種目によりさまざまなルールがあります。基本ルールとして、足以外での着地は禁止となります。
それ以外で跳馬には特有のルールがあるのでご紹介します。それは、跳躍する前に自分が跳躍する技の番号を知らせておくというルールです。ただし、申告した技と異なる技が出たとしても、それで減点などということはありません。また、着地エリアに2本のラインが引いてあり、そのラインの間に着地しなければ減点になります。

おすすめの記事