「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操の観戦がもっと面白くなる!「あん馬」のルールと基礎知識

2016 12/9 12:03
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Air Images/shutterstock.com

オリンピックでメダルラッシュに湧いた体操競技ですが、どのように採点しているのでしょう? あん馬のルールと採点方法などの基礎知識をおさらいしてみます。 また、男子と女子との違いを知ると、違った目で競技が見られるかもしれません。

あん馬で使われる器具はどんなもの?

まずは、演技に用いられる器具から見てみましょう。「あん馬」という器具は、乗馬の鞍を模したもので、長さが1メートル60センチ、幅が35センチになっています。かなり長い印象ですね。
ボディのつくりとしては、木枠の上にスポンジを当て、その上から超特大のサイズの牛革で包むようになっています。 演技を行う馬上の高さは1メートル5センチとなっており、馬上には「ポメル」と呼ばれる、選手が演技の際に握る把手がついています。

あん馬という演技が女子にはない理由とは?

あん馬は男子のみの種目で女子にはありません。 と言うのも、あん馬の演技は馬上で自身の体を2本の腕のみで支持し、なおかつ止まることなく振動や回転を続けるので、非常に腕力を要する演技になります。男子と比較した際に女子の筋肉は柔らかいので、筋肉が切れてしまう恐れがあるため、女子では行われていないのです。
見た目は地味に見えるあん馬の演技ですが、実は非常にハードであるということが分かっていただけると思います。

おすすめの記事