「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック新体操の出場資格とは?

2016 10/27 18:11
rhythmic gymnastics
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by PhotoStock10 / Shutterstock.com

日本では、1968年全日本学生選手権が開催され、新体操として親しまれるようになりました。新体操は体操の一種でありながら、芸術性を競うスポーツです。また、技術とともに美の採点も行われる繊細なスポーツです。その新体操のオリンピック出場資格について紹介します。

新体操とは

新体操は、ロープ、フープ、ボール、クラブ、リボンなどの手具を用いて、音楽に合わせながら、13m×13mのフロアで演技をする体操の一種です。男女ともに行うスポーツですが、オリンピック種目とされているのは、女子のみです。
1984年のロサンゼルスオリンピックにて個人競技が公式種目となり、1996年のアトランタオリンピックでは、団体競技が公式種目となりました。どちらも演技はもちろん、その芸術性としてデザインや色や装飾など美しさを採点され、見守る観客を魅了します。

新体操 団体競技

新体操団体競技は、時間2分15分から2分半以内の団体演技になります。
2016年現在、2016年リオデジャネイロオリンピックにおける新体操団体競技では、5人1チームとした14チームが選出されています。その選出方法は、2015年世界選手権と五輪テストイベントです。2015年9月にドイツで行われた世界選手権では、日本は第5位になっています。
日本では、近年の大会において、団体競技を重視されており、成績を残しています。

おすすめの記事