「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ウッズ、飛距離よりパーオン率向上で完全復活

2019 4/16 07:00田村崇仁
ウッズ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

14年ぶりマスターズ制し、ニクラウスに次ぐメジャー15勝目

男子ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(43)が膝や腰の度重なる手術、不倫スキャンダルなど私生活のトラブルを乗り越え、完全復活を果たした。

14日、米ジョージア州オーガスタで行われたマスターズ・トーナメントで通算13アンダーをマークして逆転優勝し、14年ぶり5度目の制覇。優勝賞金207万ドル(約2億3180万円)を獲得した。年に4度のメジャー大会では11年ぶりの勝利で、帝王ジャック・ニクラウス(米国)の18に次ぐメジャー優勝回数を15に伸ばした。

マスターズ成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

ドライバーの飛距離は若手に置いていかれる場面も増えたが、大会を通じてパーオン率は全体1位の80・56%。世界を熱狂させる英雄が全盛期の勝負強さを取り戻せた鍵は、グリーンを狙うアイアンの切れ味と天性の感覚を持つショートゲームの復活にあった。

混戦からベテランの味

最終日に決まって着る勝負カラーの赤いウエアが輝いた。最終組の18番グリーン。短いボギーパットを沈めると、ウッズはひと呼吸置いて両手を突き上げ、雄たけびを上げた。大観衆の「タイガー・コール」が体を包み込む。「夢のようだ。数年前まで歩くことも横になることも苦痛で何もできなかった。ここに戻ってこられて最高の気分だね」。1997年の初優勝を見届けてくれた父アールさんはもうこの世にいない。歓喜の渦の中、応援に駆け付けた愛する家族の母クチルダさん、長女サムさん、長男チャーリー君と抱き合い、勝者の証であるグリーンジャケットを羽織った。

2打差の2位で出たウッズが圧巻の勝負強さを見せたのはサンデーバックナイン。最終組をともに回ったフランチェスコ・モリナリ(イタリア)がアーメンコーナーの12番(パー3)で第1打をクリークへと落としてダブルボギーをたたき、通算11アンダーで並んだ。そこにメジャー3勝の飛ばし屋、ブルックス・ケプカ(米国)も15番(パー5)のイーグルで優勝争いに加わり混戦に。公式サイトによるとウッズは「誰が勝っても不思議でなかった」と振り返るが、コースを知り尽くした経験豊富なベテランの味を発揮した。

13番(パー5)を2オン2パットでバーディーを奪い、定石通りにアーメンコーナーを切り抜けると、15番でも計算されたショットと好調なパッティングでバーディーを奪取。今大会初めて単独トップに躍り出た。続く16番(パー3)では第1打をグリーン右からの傾斜で転がしてピンそば1メートルに寄せるスーパーショット。6つ目のバーディーで勝負の流れを決定づけた。

おすすめの記事