「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トップは301ヤードのビッグドライブを披露 女子ゴルフ飛ばし屋3人娘

2019 2/8 07:00SPAIA編集部
葭葉ルミ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

LPGAが測定 ドライビングディスタンスと公認ドライビングコンテスト

ゴルファー永遠のテーマであるドライバーの飛距離。豪快なドライバーショットは、見ていても楽しい。最近はクラブやボールの進化もあって、300ヤード超えする女子選手も現れた。ここでは、LPGAが公開しているドライビングディスタンスと公認のドライビングコンテストの結果をもとに、女子プロゴルフの飛ばし屋を紹介する。

ドライビングディスタンスとは、ツアー中の選手個々のティーショットの飛距離を測定して、平均値として公表するものである。1ラウンドで2ホール、風の影響を考慮して向きが反対のホールを選んで行われ、フェアウェイかどうかに関係なくボールの止まった場所までの距離を測定したものである。

2018年シーズンの上位は、1位葭葉ルミ258.29ヤード、2位穴井詩258.05ヤード、3位比嘉真美子254.34ヤード、4位渡邉彩香252.11ヤード、5位原英莉花251.90ヤードの順だった。

公認ドライビングコンテストは、「マンシングウェアレディース東海クラシック」2日目に行われる1人2球の一発勝負。賞金総額100万円のドラコン大会で、2018年大会は1位穴井詩272.0ヤード、2位野澤真央269.6ヤード、3位三浦桃香266.6ヤード、4位チャン・ウェイウェイ262.3ヤード、5位柏原明日架258.9ヤードの順だった。

ドライビングディスタンス1位の葭葉は欠場、4位渡邉と5位原はフェアウェイを捉えられず、記録なしに終わっている。

おすすめの記事