「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成29年 松山英樹が全米オープン2位【平成スポーツハイライト】

2019 1/14 07:00SPAIA編集部
松山英樹,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

史上初めてルーキーイヤーに賞金王

国内で大ブレークした石川遼が米ツアーに挑戦して苦しんでいた頃、代わって日本のゴルフファンの注目を集めたのが石川と同級生の松山英樹だ。平成29年(2017年)には全米オープン2位タイにくい込み、夢の四大メジャー制覇へ期待を抱かせた。

父親の影響で4歳でゴルフを始めた松山は東北福祉大時代の平成22年、アジアアマチュア選手権で日本人として初優勝し、翌年のマスターズ出場権を獲得。翌23年のマスターズで27位に入り、日本人初のローアマチュアに輝いた。

11月には三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に続き、史上3人目のアマでの日本ツアー制覇。平成25年4月にプロ転向すると、いきなり2戦目のつるやオープンで上がり4ホール連続バーディーを奪い逆転優勝した。

6月の全米オープンでは10位タイ、7月の全英オープンでは6位タイの好成績を収め、国内では4勝をマーク。史上3人目の2億円プレーヤーとなり、ツアー初のルーキー賞金王となった。

おすすめの記事