「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成20年 片山晋呉が25勝目で永久シード権【平成スポーツハイライト】

2019 1/8 15:00SPAIA編集部
片山晋呉,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

テンガロンハットがトレードマーク

AONが全盛期を過ぎた頃に台頭してきたのが片山晋呉だった。正確無比なショットを武器に、平成20年(2008年)には25勝目を挙げて永久シード権を獲得した。

ゴルフ場を経営していた父の影響でゴルフを始めた片山は、5歳でラウンドデビューしたという逸話が残る。名門・日大ゴルフ部在学中の平成6年には日本学生ゴルフ選手権で優勝し、翌7年にプロテスト合格した。

平成12年には「ダンロップフェニックス」やメジャータイトルの「日本シリーズ・JTカップ」などで優勝し、初の賞金王に輝く。

トレードマークのテンガロンハットをかぶってプレーしていたため、4位に入った13年の全米プロでは「カウボーイ・シンゴ」と呼ばれた。16年から18年まで3年連続で賞金王を獲得。5年連続の尾崎将司(平成6~10年)、4年連続の青木功(昭和53~56年)に続く史上3人目の快挙だった。

おすすめの記事