「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成19年 石川遼が史上最年少優勝【平成スポーツハイライト】

2019 1/2 11:00SPAIA編集部
石川遼,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

見事なチップインで逆転V

男子ゴルフ界に待望の新星が誕生したのが、平成19年5月の「マンシングウェアオープンKSBカップ」だった。15歳の高校生、石川遼が史上最年少優勝。インタビューに恥じらいながら答える様子が微笑ましく、前年夏の甲子園で優勝した早実・斎藤佑樹の「ハンカチ王子」にちなんで「ハニカミ王子」と呼ばれるようになった。

岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ。初日が暴風で中止となったため、最終日に2ラウンドが行われる変則日程だった。

2日目終了時点で7打差の23位だった石川は、第3ラウンドで3つスコアを伸ばすとさらに勢いに乗る。最終ラウンドの17番パー3では、ティショットをバンカーに入れたものの見事なチップインバーディー。36ホールを戦い抜いて通算12アンダーまでスコアを伸ばし、2位の宮本勝昌に競り勝った。

アマチュアとしては、昭和55年の中四国オープンで優勝した倉本昌弘(当時25歳)以来の快挙。15歳245日は世界最年少優勝記録として、後にギネスにも認定された。宮里藍らの活躍で人気を集めていた女子に比べ、地味な印象の強かった男子ゴルフ界にもニュースターが出現した。

おすすめの記事