「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成10年 ジャンボ尾崎が12度目の賞金王【平成スポーツハイライト】

2018 12/24 15:00SPAIA編集部
尾崎将司,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

平成最初の10年間で賞金王8度

平成のゴルフ界を振り返ると、前半は青木功、中嶋常幸とともに「AON」と呼ばれた、ジャンボこと尾崎将司の強さが際立っていた。平成元年からの10年間で賞金王に輝くこと8度。我が世の春と言っても過言ではないほどの目覚ましい活躍だった。

元々野球をしていた尾崎は、徳島・海南高校のエースとして昭和39年センバツで優勝。卒業後に西鉄に入団したが、わずか3年で退団し、プロゴルファーに転身した。

昭和46年に日本プロで初優勝。48年にはマスターズで8位入賞し、初の賞金王に輝いた。翌49年には日本オープンも制し、2年連続賞金王。昭和52年にも4勝して3度目の賞金王となった。その後は青木と中島に計4度ずつ賞金王の座を奪われるが、昭和63年に6勝を挙げて4度目の賞金王に輝くと、平成10年に12度目の賞金王を獲得するまで無類の強さを誇った。

おすすめの記事