「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子プロゴルフ主要スタッツを検証 2018年各スタッツでトップを獲得した選手は?

2018 12/31 15:00SPAIA編集部
鈴木愛Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

スコアに差が出るパーオンホールの平均パット数

LPGAツアーはメルセデス・ランキング1位に申ジエ、賞金女王にアン・ソンジュ、平均ストローク1位に鈴木愛が輝き幕を閉じたが、シーズンを通して見応えのある戦いを見せてくれた。ここでは、そんな戦いの結果として残った各種スタッツに注目してみた。

パット数表

ⒸSPAIA

平均パット数は、スコアメイクに影響を与える重要な指標だが、LPGAでは、パーオンホールの平均パット数と、ラウンド当たりの平均パット数を公表している。

このうち、パーオンホールのパットは、1パットならバーディになる重要なパット。2018年は鈴木愛が1.7414で1位を獲得、2位に勝みなみ1.7502、3位にアン・ソンジュ1.7596が入り、5位に新垣比菜1.7712 、14位比嘉真美子1.8012と続いている。

この数値は、「パーオンホールの総パット数/パーオンホール数」で算出されており、鈴木の約1.74と勝の約1.75は100回のパーオンで174パット対175パットと1打の差となって表れる。これが、5位新垣比菜の1.77で3打、14位比嘉真美子1.80で6打と開く。

LPGAに多い3日間大会で決勝まで進めば54ホール、パーオン率が65%を超えるトッププロでは3試合で100回のパーオンホールを迎えることになり、パットだけでこの差は大きい。少ない出場の中で挙げた鈴木の年間4勝もうなずける。

一方のラウンド当たりの平均パット数は、単純に「総パット数/ラウンド数」で求めた数値で、1ラウンド18ホール36パットがパープレーの基準となる。少ないほど良いことに違いはないが、ボギーパットやダブルボギーパットなどもカウントされるため、比較が難しい。今季は、28.2762で勝が1位、28.5867で鈴木が2位に入り、3位は28.8706で原江里菜だった。

おすすめの記事