「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ観戦するときに知っておいてほしい8つのマナー

2016 8/30 05:51
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jordan Tan/Shutterstock.com

近年人気プロゴルフトーナメントのギャラリーがとても増えています。
そこで初めてゴルフの観戦に行く場合に押さえておいてほしいマナーとコツをまとめてご紹介したいと思います。

プレー中は動かない

ゴルフはとても集中力の必要なスポーツです。選手のプレー中にごそごそと動いたり、周りを気にしたりするような動作でも集中力が途切れることもありますし、ものを取り出すようなちょっとした音がなったりすると、集中している選手のプレーの邪魔になります。
プレー中は、声を出さず静かに立ち止まって観戦しましょう。また、スタッフが「お静かに!」などのボードを挙げた時もあるので、その時は確実に止まるようにしましょう。

ボールに触らない

観戦していると、近くに選手の打ったボールが飛んでくることがあります。気になる選手のボールだったとしても決してボールには触らないでください。一打一打ゴルフのルールに基づいてプレーが行われています。グリーン外からのストロークで動いているボールが局外者に動かされたときは、その場所によって必要な措置をとる必要があります。
動かしたのが同伴競技者またはそのキャディであったときは、その同伴競技者が2ペナルティとなり、重大な違反とみなされ委員会は競技失格にする場合もあります。
選手のプレーの邪魔になるので絶対にやめましょう。

会場内は撮影禁止

カメラ、ビデオカメラはもちろん、カメラ付携帯電話による撮影も禁止されています。
前述したようにゴルフは集中力が必要なスポーツです。ビデオカメラの撮影の音や、携帯電話の撮影の音、またレンズの反射などで選手が集中できない場合もあるので、選手のプレーの邪魔になるようなことはやめましょう。
またプロのカメラマンではないので個人での撮影はできません。昔から「マナーの競技」であるゴルフでは、プレーする側も見る側も当然わきまえておきたいマナーの一つです。

ロープ内は侵入禁止

ゴルフ観戦でのギャラリーはロープの外から観戦するのが原則です。コースの反対側に渡るときは、クロスウェイ(地面にロープで道が作られている所)を通ります。
ロープ内に入ることは大変危険ですので、係員の案内に従いプレーの妨げにならないように観戦してください。競技の妨げになるような場合が生じた場合、退場になることもあり得ます。十分気を付けて観戦してください。

携帯電話はマナーモードかOFF

コース内では携帯電話の利用にもマナーがあります。電源をOFFにしておくか、音の出ないマナーモードにしましょう。プレー中の通話は禁止です。
音を立てて携帯電話が鳴った場合、選手の集中した状態を邪魔する可能があります。コース内では話すことはやめましょう。話し声で選手がプレーに集中できないこともあります。
大人のスポーツと言われているゴルフなので、選手を気遣い、選手の素晴らしいパフォーマンスが見られるようにギャラリー側も選手同様にマナーを守っていきたいところです。

サインはプレー終了後に

グリーン終了後や次のティーグラウンドへの移動のとき、握手やサインを選手に求める方がたまにいます。 お目当ての選手が近くを通ると、サインをお願いしたり握手したくなったり、肩をたたく等応援の気持ちを伝えたくなりますが、選手の集中力が下がって十分なパフォーマンスにつながらなくなることこそ、避けたいものです。
サインのお願いなどは、すべてのプレー終了後にしてください。

ラフな格好はさけて

ゴルフ観戦へは、どういう服装で行けばよいかも知っておきましょう。観戦するときの服装もマナーがあります。
ゴルフにはドレスコードがあり、それに基づいて服装を選びます。ジーンズやティーシャツ、ジャージでビーチサンダルなどはマナー違反になります。プレーする側だけではなくギャラリーも同様です。
最近ではラフな格好で観戦に行く方も多いですが、本当はあまり好ましくありません。
また、女性ピンヒールなどかかとのとがった履物は芝生を傷つけますので避けましょう。

掛け声をかけるとき

良いプレーは称えましょう。ただその応援は適度におこなうことが重要です。
「ナイスバーディー」「ナイスイーグル」「ナイスショット」などの掛け声をかけると、選手も元気になり気持ちよくプレーが出来ます。
掛け声のタイミングがわからないときは、ほかのギャラリーの真似でも最初はかまいません。しかし、その選手のプレーが終わり、次の選手の番になったら静かにしましょう。 

まとめ

ゴルフのマナーは選手を応援する気持ちを表すことが根底にあります。
選手の立場になって考えた行動がよいマナーになっていきます。気持ちよくプレーできるように応援をしましょう!

以上「ゴルフ観戦するときに知っておいてほしい8つのマナー」でした。

関連記事

おすすめの記事