「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロゴルファーの試合を観に行くときのポイント5つ

2016 8/30 05:51
ゴルフ場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS/Shutterstock.com

スポーツは自分でプレーする楽しみもありますが、プロの試合などを観戦することも面白いですよね。
家族や友人、恋人と一緒にゴルフ場に足を運んでみてはいかかでしょうか。
今回はゴルフ初心者でも十分楽しめるように、知っておいていただきたいことを5つ紹介します。

間近で見る臨場感!

ゴルフは他の多くのスポーツとは違い、対戦相手とぶつかり合って試合をすることはありません。ホール全体をまわるのに、どれだけ少ない合計打数だったかで勝敗が決まります。ゴルフの試合観戦の特徴は、お気に入りの選手についていけるところでしょう。
もちろん一定の距離は保たないといけませんが、かなり近くで選手のプレーを見ることができます。プロのスイングスピード、繊細なコントロール、並外れた集中力にあなたは驚かされるに違いありません。

お気に入りの選手を見つけよう!

ゴルフは自分の好きな選手について行き、プレーを観戦することができます。成り行きでついていくこともできますが、試合会場に足を運ぶ前に自分が試合を見たいと思う選手はいないか探してみましょう。
ゴルフ初心者で選手のことがよくわからないという人は、テレビのスポーツ番組などに出演している人や優勝候補と言われている人を見つけ、その人についていくのもよいでしょう。自分が応援している選手が活躍した時や、良い成績を出した時の喜びは格別でしょう。

カメラのフラッシュは控える!

間近で有名人を見たら、誰しもサインが欲しい、写真を撮りたいなどと思うはずです。観客の中には平気でフラッシュをたいて選手を撮影する人がいます。しかし、そこは大会の場です。選手はその大会に向けて一生懸命に練習を積み重ねてきているのです。
そんな大事な試合中にカメラのフラッシュが目に入って選手の集中力が切れる、精度が落ちるなどということはあってはなりません。撮影はなるべく控えましょう。フラッシュはやめておいた方がいいでしょう。

声を出すのは選手がボールを打ってから!

ここ一番という時などでは、ついつい「落ち着いて!」といった掛け声をしてしまいそうになります。選手が歩いているときなどは良いですが、ボールを打つ構えに入ったら、絶対に掛け声をしてはいけません。
その掛け声のせいで選手の手元が狂ってしまうかもしれません。ほんの数ミリの狂いが結果に大きな影響を及ぼすプロの世界ですので、ファンが邪魔になるようなことはあってはいけません。選手がボールを打ってから掛け声をするようにしましょう。

熱中症に気を付けて!

ゴルフは基本的には夜には試合は行われず(ボールが見えませんからね…)、昼間に行われます。春先や、秋であれば心地よい日差しの中で過ごせますが、夏はそうはいきません…。
長時間強い日差しの中で選手のプレーを見ていると、いつの間にか汗をかいて水分が失われていき、気分が悪くなってしまうかもしれません。こまめな水分補給をして、帽子や濡れたタオルなどで体温の上昇を抑えましょう。熱中症には十分気を付けてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。ゴルフの試合を観に行ったことがない人は、これを機にぜひ一度足を運んでみてください。今まで感じたことのない爽快感や感動があなたを待っているはずです。マナーをしっかり守って、ゴルフ観戦を楽しんできてください!

以上「プロゴルファーの試合を観に行くときのポイント5つ」でした。

関連記事

おすすめの記事