「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校ゴルフ注目の強豪校5選

2016 8/30 05:51
イメージ画像ⒸS_Wassana/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸS_Wassana/Shutterstock.com

大阪府を代表する強豪 興國高等学校

2016年に創立90年を迎えた興國高等学校は、世界で活躍するプロゴルファーやプロ野球、サッカー選手などを数多く輩出しているスポーツの名門としても有名だ。

ゴルフ部はプロゴルファーの熊谷専属コーチ指導の下、過去数十年にわたって全国大会への出場権を勝ち取ってきた。また、2014年に行われた全国高等学校ゴルフ選手権団体の部では、準優勝という輝かしい功績も残している。

和歌山県の強豪校 慶風高等学校

慶風高等学校は和歌山県で初となる通信制の私立高校だ。大学への進学志望者はもちろん、主に野球やサッカー、ゴルフといったスポーツに取り組みたい学生、仕事をしている人などもここで学び、高等学校卒業資格を取得することができる。

ゴルフ部の目標は「世界で活躍するゴルファー」。2015年開催の第35回全国高校ゴルフ選手権春季大会では、3年生の中谷安結が全国の猛者74人との激戦の末、初優勝を手にした。近い未来、世界の舞台で戦う彼女の姿を見ることができるかもしれない。

宮崎県の強豪校 日章学園高等学校

宮崎県内では比較的新しい日章学園高等学校は、中高一貫私立校だ。2015年に創立65年を迎えた。世界を舞台に戦うプロボクサーやプロ野球選手など多くの有名選手を輩出している。

女子ゴルフ部では三浦桃香が2016年の第46回九州女子ゴルフ選手権でベスト3に入り、OGの森満絢香が準優勝に輝いた。男子は第26回九州高等学校ゴルフ選手権新人大会において、団体戦ベスト3入りを遂げている。

広域にキャンパスを開校 日本ウェルネス高等学校

全国各地にキャンパスを開設している日本ウェルネス高等学校。2006年、愛媛県今治市に通信制高等学校として開校した第一キャンパスを皮切りに、瞬く間に全国展開した。

創部が2014年のゴルフ部は男女共、同じ年に行われたプロツアー大会へ多数出場を果たし、上位進出を決めた。その1年後に男子は全国高校選手権の団体の部で、女子は日本ジュニア選手権で、それぞれ準優勝に輝いている。

このままいけば、近いうちに「全国タイトルの男女総なめ」が実現されるかもしれない。

千葉県の超強豪 麗澤高等学校

学校法人廣池学園運営の中高一貫教育制度をとる私立・麗澤高等学校では、全ての部活動に大変力を入れている。中でも特に素晴らしい活躍を見せているのがゴルフ部だ。

平成28年国民体育大会千葉県大会のゴルフ女子で工藤優海が優勝し、長野未祈と吉田優利が準優勝したため、国体千葉県代表選手の枠全てを麗澤高校が独占することになった。今後も華麗な戦いを見せて欲しい。

おすすめの記事