「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もう迷わない!アイアンショットが上達する5つのポイント!

2016 8/30 05:51
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Daxiao Productions/Shutterstock.com

ゴルフを始めたばかりという方やアイアンショットが苦手だという方へ。
アイアンショットを成功させるための大切なポイントについて学びたいと思いませんか?
アイアンショットで最も大切なポイントを5つに絞ってご紹介致します。

打つのではなく「運ぶ」感覚を大切にする

このポイントはアイアンだけに限らずゴルフスイング全般に言えることですが、特にアイアンにおいて大切になってくるのが、ボールを打とうとするのではなく、ボールを「運ぶ」感覚でスイングを行うことです。
「ボールを打つ!」と考えると「強く当てる」というイメージが働き、そのイメージが力みを生んでしまい、その結果フォームが乱れて思うような飛距離や方向へとボールを飛ばすことができなくなってしまいます。
ボールをアイアンで打つのではなく、アイアンに乗せてボールを運ぶつもりでスイングを行うことが、アイアンショットを成功させる重要な心構えとなります。

得意とする番手を持つこと

アイアンは多くの番手がありますが、この番手の多さがとりわけ初級ゴルファーの迷いを招き、その迷いが安定したアイアンショットを妨げる大きな原因にもなっています。
ではこの問題をどうすれば解決できるのか。
最も有効な方法は、1つの番手のアイアンに絞ってスイングの練習を重ねることで、その番手なら自信を持ってスイングできるというアイアンを確立することです。
つまり、得意とする番手を1つ作ることが安心感につながり、それがアイアンショット全体の安定へとつながります。

アイアンはボールが上がりやすいという基本を理解する

基本的なことでありながら多くの方が意外とわかっていないことがあります。それは、アイアンというクラブの性質です。
アイアンは、極論すれば芝生に落ちている状態のボールをすくい上げて前方に運ぶという役割を担っています。 つまり、無理にボールをすくい上げようとしなくとも、普通にスイングを行えばボールは上がってくれるものなのです。
このクラブとしての基本的な役割を無視して芝生の上からすくい上げようとするから、スイングフォームがおかしくなるのです。まずは普通に打つことを心掛けることです。

力任せに握ってはダメ。グリップを軽く握ること。

アイアンはパターより軽量ですが、それでも一定の重量があります。その重量に負けまいとグリップを強く握り過ぎてしまう方が多いのですが、グリップを強く握りすぎることもアイアンショットをぎこちないものにしてしまう大きな原因になっています。
アイアンのグリップは軽く握ることを心掛けましょう。軽く握ることを心掛ければ力みが減り、手にも余計な力が加わりにくくなるので手打ちが解消されます。
また、そうした余計な力みが解消されれば気持ちも楽になり、余裕を持ったスイングを行えるようになります。

ボール位置はスタンスの中央で良いと割り切る

アイアンがなぜ難しいかと言うと、フラットな位置で行われるティーショットより起伏や傾斜のある位置から行うショットが要求される場合が多いからと言えます。そのため、ボールの位置をどう捉えてスイングを行えばよいか、状況判断に迫られる機会が多くなることから、「アイアンは難しい」と感じてしまうのです。
そこで、アドレス時におけるボールの位置に迷う状況が発生したら、とにかくスタンスの中央にボールを位置させるようにしましょう。
そこから始めて経験を重み、的確な状況判断をできるようになってからボールの位置を見直すようにすることが、特にビギナーの方にとって大切なことです。

まとめ

アイアンは様々な状況に応じた判断に基づいたスイングが要求されるため、いろいろと迷ってしまうことが多いクラブです。
しかし、ご紹介した5つのポイントを守れば、迷いや悩みは解消しますのでしっかりと憶えるようにしてください。

以上「もう迷わない!アイアンショットが上達する5つのポイント!」でした。

関連記事

おすすめの記事