「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本のゴルフを牽引し世界へ挑戦した青木功の功績

2016 8/20 14:15
ゴルフボール,フェアウェイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界のアオキ」こと青木功、73歳の現在もゴルフのシニアツアーに参戦、その魅力を紹介する。

ゴルフを始めたきっかけ

千葉県我孫市の生まれ、14歳の時に同級生の鷹巣南雄(後の盟友)とともに、ゴルフ場でキャディのアルバイトをしたことから興味を持ち、中学校卒業後に東京都民ゴルフ場にキャデイとして就職した。
その後2回目の受験で合格し、1964年にプロ入り、1971年の「関東プロ」で初優勝を飾った。1976年には1勝ながら初の賞金王になっている。180センチ、80キロと恵まれた体格で、中学時代は野球部で長身を活かし、一塁手だった。友人でもあり、よきライバルでもある鷹巣南雄の紹介で王貞治との親交を持ち、スポーツ界の鑑と手本にするようになった結果、ゴルフで良い成績を残すようになったそうだ。
その結果、「世界の王」に続き「世界のアオキ」と呼ばれるまでになったのだ。

人物像・略歴

大変気さくで開けっ広げな性格で知られており、アメリカでは英語を話せないのに、日本語で色々な選手にどんどん話しかけ、不思議とコミュニケーションがとれていたそうだ。グレグ・ノーマンと親友で、2人の会話は青木が日本語、グレグが英語でそれぞれ話すのだが、問題なく意思の疎通ができるのだそうだ。
プロ入り後鳴かず飛ばずの時期には競輪で稼ぐなど苦労もされたが、1978年からは、4年連続賞金王に輝いた。その頃から海外ツアーへの挑戦が始まる。日本と海外を行ったり来たりの生活が続いたそうで、かなりキツかったようだ。
日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位の記録だ。2016年からは、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長に就任している。

おすすめの記事