「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

有名プロゴルファーを輩出した高校5選

2016 8/20 05:15
グリーン,ゴルフボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外や国内で活躍するプロゴルファーファンへ。
松山英樹、宮里藍などの有名プロがどこの高校を出ているか、知りたいですよね。
複数の有名プロが出ている高校も結構ありますよ。そんな高校をご紹介します。

強豪女子プロは多数【東北高校】

東北高校は、宮城県仙台市にある私立高校です。2004年から男女共学となり、女子ゴルフのOGは豪華な顔が並びます。米ツアー挑戦中の宮里藍、今季から国内参戦の有村智恵や、若手のホープ、菊地絵理香、大江香織、木戸愛、原江里菜らが活躍しています。
学校はスポーツコースが有名で、野球部は甲子園の常連で2003年の夏は準優勝しています。野球部のOBは佐々木主浩、斎藤隆、ダルビッシュ有のメジャーリーガーが並び、フィギュアでも五輪金メダリストの荒川静香、羽生結弦がいます。
女子ゴルフ部は全国高校ゴルフで2003年から2007年まで5連覇、2009年も優勝して計6回制覇しています。

部活動が盛んな【明徳義塾高校】

明徳義塾高校は、高知県の須崎市と土佐市にある私立高校です。
学校の特徴は、通学可能圏外からの留学生の比率が多く、寮が完備しています。すべての生徒にクラブ活動参加が義務付けられ、国際演劇部、マーチングバンド部の文化系や、サッカー部、野球部、剣道部も全国大会の常連で上位に進んでいます。
ゴルフ部のOBには、米メジャー優勝が期待される松山英樹や、横峯さくらがいます。ゴルフ部は1994年に全国高校ゴルフで男子団体優勝、1997年、2002年、2009年に男子個人優勝を果たし、女子も2002年国体で団体優勝を果たしました。

OBでツアー37勝の【水城】

水城高校は、茨城県水戸市にある私立高校です。大学進学を目指す特進コースがありながら、部活動も盛んです。空手、駅伝、野球が全国大会に出場しています。
ゴルフ部OBが男子ツアーで活躍しており、片山晋呉はメジャー7勝を含む26勝、宮本勝昌が8勝(メジャー4勝)、横田真一が2勝、市原建彦が1勝と合計で37勝も挙げています。
ゴルフ部の全国高校選手権優勝6回は大会最多。1977年の創部から指揮をとる石井貢監督の指導の賜物です。しかし、石井監督も64歳となって指導が身体的にきつくなり、後進の指導者が見つからないことから、2016年3月に惜しまれながらも廃部することになりました。

女子プロを輩出した【東海大熊本星翔】

東海大熊本星翔は、熊本市にある東海大学付属の私立高校で、2012年に「東海大二」から現在の校名に改称しました。
学校の特色は、東海大学系列への付属推薦が60%以上で、学園主催の海外研修も行われ、国際的な視野の育成が図られています。 女子ゴルフ選手のOGには、賞金女王になった古閑美保、上田桃子や、若手の笠りつ子、青山加織がいます。
クラブ活動も女子ゴルフ部が活発で、学校周辺の練習場、コースで練習に励み、1999年から全国高校選手権で4連覇を達成しています。

伝統復活を期す【日体大荏原】

日体大荏原は、東京都大田区にある私立高校で、2016年4月から校名を「日体荏原高校」から「日本体育大荏原高校」に変更しました。 ゴルフ部は1985年から1993年の間に3連覇を含み5回優勝しています。その基盤を築いたのがメジャー3勝と日本人最多勝を誇る丸山茂樹です。リオ五輪では日本代表の男女監督として期待されます。
他にもOBには伊沢利光、西川哲、細川和彦、小林富士夫、立山光広のプロゴルファーがいます。現在のゴルフ部も朝練から夕方のトレーニング、練習場での打ちっぱなしなどで、全国上位を目指します。
ゴルフ以外にも、野球部が甲子園出場を果たしており、ハンドボール、ラグビー、体操、柔道で全国大会で活躍しています。

まとめ

有名プロゴルファーの出身校は様々でしたね。今も全国大会常連校や、久しく地方大会を突破できない学校など。
しかし、出身校を知っていれば、高校ゴルフの応援の仕方も変わってきませんか?楽しみ方も増えますよ。

以上「有名プロゴルファーを輩出した高校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事