「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高確率】ゴルフ選手のサインのもらい方を伝授!

2017 7/12 14:39dada
ジェイソン・ボーンラウンドエジソンのサイン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE/Shutterstock.com

ゴルフ界で活躍する選手に如何にしてスムーズにサインをもらえるのか。方法を紹介していく。 こちらの方法を参考にしていただければ、憧れの選手のサインをもらえる可能性も高まるかもしれない。

サインをしてもらうのはキャップやTシャツ、ボールにもおすすめ!

サインをもらう際には、ゴルフでは欠かせない持参のキャップに書いてもらうがおすすめだ。飾る時にも見栄えがするし、ゴルフ選手からもらったことがわかりやすくて良い。他にTシャツやゴルフボールなどもおすすめだ。
ただ、いずれもインクがよく出るペンを持参することを忘れないようにしてほしい。サインを欲しがるファンはとても多いので、スムーズに済ませられるかどうかが肝心になってくる。人混みに揉まれる可能性もあるから、小さい色紙やノートなどを用意しておくのも良いだろう。

ゴルフの大会は警備が厳重だ

ゴルフの大会は、警備がしっかりとしており、写真撮影さえも禁止されていることが多い。そのため、選手のプレー中に接触することはとても難しく、サインは到底もらえるものではない。
基本的に、ベストなタイミングとして、その日のプレーとスコア提出が終わった後が狙い目になる。ただ、ギャラリーはとても多いので、その中を分け入って選手に接触するのは難しいものとなることを覚悟しなくてはならないだろう。また、スコアの内容次第ではナイーブな状況となっている選手もいるから、様子をよく窺ってみた方がよい。必ずマナーを守ることが必須である。

クラブハウスで待ってみよう!

選手たちはほとんどの場合、プレーとスコアの提出を終えると、クラブハウスに戻ってくる。その際に出待ち、あるいは入待ちをするようにして、サインをお願いしてみるようにしよう。選手の対応次第ではあるものの、サインに応じてもらえる可能性はかなり高い。むしろ、ここでもらえないとなると、サインをもらえる機会はかなり少なくなってしまう。粘り強く待つようにしよう。
この時も、他のファンも殺到する可能性があるから、人混みの中での移動には十分注意するようにしてほしい。

サインの列にはすぐに並ぼう!

クラブハウスでのサインは、場合によっては選手が、順番待ちという形をとってくれ、腰を据えてサインをしてもらえることもある。とはいえ、サインを求めるファンの数はとても多くなる場合、関係者によって「ここまで」と人数を制限されることもある。
順番待ちの列ができ始めたら、必ずすぐに並ぶようにして機会を逃さないようにしよう。また、礼儀として選手の顔と名前を一致させておくこともポイントのひとつだ。順番待ちに漏れたとしても、移動の合間に名前を呼び、声をかけることができれば、もしかすると、サインをしてもらえる可能性があるかもしれない。ただ、くれぐれも失礼にならないように、場所、空気、タイミングを見図ることが肝要である。

後援会への加入でグッズ入手のチャンス!

選手によっては後援会を設立している場合もあり、こちらに参加することで選手の最新情報だけでなく、グッズなどのプレゼントがもらえることがある。
このグッズは選手やタイミングによって内容がさまざまだ。しかし、そこにサインが含まれている可能性はゼロではなく、ファンなら加入を検討してみるとよいだろう。仮にサインでなかったとしても、限定のグッズである場合もあるし、決して損はないのではないだろうか。 選手を応援する際にも熱が入るし、おすすめだ。

まとめ

ゴルフ選手に限らず、スポーツ選手からサインをもらう機会はとても限られる。ゴルフ選手の場合、代表的なのはクラブハウスでの出待ちなどになるが、その時の選手のスコア、状態、周りのファンたちと摩擦などないよう、ムードなども考慮し、気持ちよく楽しく選手にアプローチしたいものである。他に、後援会に加入することなどもサインを手に入れる効率が良い方法である。感じの良いファンのひとりとして、選手の励みになるよう、マナーを守り、素敵なサインを手に入れたいものである。

関連記事

おすすめの記事