「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【強豪ひしめく】関東のゴルフ強豪校5選

2016 8/11 12:57
高校ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校ゴルフに興味のある方へ。 今やゴルフも高校の部活動として活発になってきており、高校ゴルフから有名プロも生まれています。関東では、どんな強豪校があるか知りたいですよね。 それでは、関東の強豪5校を紹介します。

男女そろって全国制覇目標【埼玉栄】

埼玉栄高校は、さいたま市にあり、学校法人佐藤栄学園が運用する中高一貫教育をしています。「文武技芸」の4道を目指しており、進学とともに文化部、運動部も盛んです。
特に卓球、陸上、レスリング、体操、バドミントン、相撲、吹奏楽が有名。女子サッカー、駅伝、コーラスで全国大会優勝経験があります。 ゴルフ部も校舎から10分のところに専用ゴルフ練習場があり、2004年には自転車で10分の距離に専用コースが完成。環境は抜群です。 女子は1989年、2011年、2012年に全国高校ゴルフ選手権優勝、男子も2008年に全国制覇を達成しました。

通信教育でトップアスリート目指す【日本ウェルネス】

日本ウェルネス高校は、学校法人タイケン学園グループが運営する広域通信制高校で、スポーツコースはオリンピックやワールドカップなどの世界大会を経験した指導者による教育が行われています。スポーツ以外にも、音楽、マンガ、製菓、保育の専攻コースがあります。
ゴルフ部は2014年に、つくば学習センターで創部されました。2015年には全国高校選手権で男子団体準優勝、女子団体5位と上位に。同年の日本ジュニア選手権で男女とも準優勝と、近年の注目高校です。

栄光の復活目指す【堀越学園】

堀越学園高校は、東京都中野区にある私立高校です。進学コース以外に、体育コースやトレイトコース(旧芸能活動コース)など、芸能人やスポーツ選手に対応したユニークなカリキュラムを実施しています。
野球、サッカーが全国大会に出場していますが、ゴルフも全国高校ゴルフ選手権で女子が5回団体優勝、1991年からは4連覇を達成しています。部員は個人練習を中心に、ほぼ全員がプロゴルファーを目指して練習しており、技術だけでなく、マナーや礼儀もゴルフから学んでいます。OBにはプロの飯島茜がいます。

全国大会上位の常連【佐野日大】

佐野日大高校は、栃木県佐野市にある私立高校で、日本大学の準付属高校です。「文武両道」「師弟同行」「自主創造」を校訓とし、人材育成をモットーとしています。特別進学コースは難関の国立・私立大学を目指すほか、スポーツ・文化とも部活動が盛んです。
プロ野球やJリーグで活躍するOBを輩出した野球、サッカー以外にも陸上、硬式テニスの他、デジタル放映部、美術部、演劇部も全国で活躍しています。 ゴルフ部もプロツアーにアマ選手として出場を続けています。練習環境も、近隣のゴルフ場、練習場が使えるほか、トレーニング施設も充実しています。

期待のニューフェース【翔洋学園】

翔洋学園高校は、茨城県日立市にある2000年に開校した私立高校で、通信制高校としては日本で初めて学習センター方式を採用しました。「自由・自主・独立」を校訓とし、茨城県、福島県や千葉、横浜などにある学習センターで自由登校による個別サポートを受けます。
ゴルフ部は近年好成績をあげるようになり、2015年の全国高校選手権関東決勝では、女子個人で畑岡奈紗が個人優勝を飾りました。メンバーは普段はそれぞれ個人で練習していますが、2016年は団体優勝が目標です。

まとめ

近年の注目高校は、通信制教育によってスポーツ活動をバックアップする高校のゴルフ部が強化していることです。ゴルフ練習場、ゴルフコースと施設に資金がかかるゴルフは、1高校単位ではなかなか練習環境を整えることができません。地域のジュニア・ゴルファー育成環境はそのままで練習ができ、高校は自宅で通信教育を受けられるメリットは大きいでしょう。今後の活躍から目が離せません。

以上「【強豪ひしめく】関東のゴルフ強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事