「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

不意に起った!プロゴルファー界のアクシデントをご紹介

2017 4/25 21:52フェデ
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by amenic181/Shutterstock.com

通常、選手たちはプレーに集中しているため、不意なアクシデントにも動じずに最後まで戦い抜いている。 ここでは、普段あまり目にしないプロゴルファーたちのアクシデントについて紹介していく。いったいどんなアクシデントに見舞われたのだろうか。

藤田寛之選手を襲ったアクシデントとは

1969年福岡県出身のプロゴルファー藤田寛之選手。2012年には年間3勝を挙げて日本ツアー賞金王を獲得するなどの活躍ぶりを見せ、翌2014年には2度目のメジャー大会マスターズへの戦いに挑んだ。
そんな彼に思わぬアクシデントが。なんと1月に右ろっ骨を疲労骨折してしまったのだ。ツアーに出場できたのは2月に行われたWGCアクセンチュアマッチプレー選手権1回戦だけとなり、その後はフロリダでリハビリと治療に専念する毎日。3月には練習を再開させるも、フルスイングや練習するホール数も制限を受けてのものとなった。
ここで焦らず、くじけず再度ゴルフと向き合えたことが、彼をより強くさせたに違いない。

松森彩夏プロがまさかのアクシデントに

2016年11月に行われた伊藤園レディース。
初日に第1ラウンドを終えることができなかった松森彩夏選手の2日目は、15番ホールからのスタートとなった。ところが、迎えた18番ホールでまさかのアクシデントが起こる。松森プロがグリーンに寄せ、マークした球を拭いてもらうためにキャディに投げたボールが、キャディに気づかれぬまま池に入ってしまったのだ。
ルールでは、取り替えられた球は違反となり2打罰となるため、キャディは慌てて探したが見つからず、結果はダブルボギーに。あまり見られない事態がここで起きてしまった。

おすすめの記事