「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

青木功選手は「世界のアオキ」として君臨したレジェンドゴルファー

2017 4/12 20:20kinsky
青木功
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp

青木選手は14歳でゴルフと出会い、苦節の末22歳でプロ入り

青木功選手は千葉県我孫子市の出身で、生まれは1942年の現在74歳。青木選手は中学で野球部に入りピッチャーとして活躍したが、県大会出場を掛けた試合でサヨナラ負けを喫し、悔しさの余り野球を止めてしまった。
そして直ぐにゴルフと出会う。地元の我孫子ゴルフ倶楽部で同級生であり、後に共にプロとなる鷹巣南雄さんと一緒にアルバイトを始めたのがきっかけだった。その後、我孫子中学卒業とともに関東で最初の河川敷コースである東京都民ゴルフ場にキャディとして就職する。
当時、我孫子にはプロゴルファーとして活躍していた林由朗さんがおり、青木さんは林さんの門下生としてゴルフの腕を磨いた。そして、1958年に師匠の林さんの推奨で我孫子ゴルフ倶楽部へ移籍。さらに3年後には飯能ゴルフ倶楽部へ移り、プロゴルファーを目指した。青木さんが初めてプロテストにチャレンジしたのは20歳の時だったが、僅か1打差で不合格になる。
そしてプロテストに合格したのはその2年後の1964年22歳の時だった。プロテストに見事合格するも、全く勝利には見放され予選落ちの連続だった。しかし、他のスポーツ選手の厳しいトレーニングに触発されて肉体改造を図り、1971年の関東プロゴルフ選手権で日本ツアー初優勝を飾り、輝かしいスタートを切る。

遅咲きの29歳で初優勝。尾崎選手らとゴルフブームを盛り上げる

青木選手はプロ入りしてから7年目、29歳での初優勝する。遅咲きだったが、その2年後の1973年には持ち玉をフェードからフックボールに変えたことで確実性を磨き、ツアー5勝を飾り、日本のトッププロの座に上りつめた。青木選手は当初、波が激しいゴルフだったが、パターの技術を磨くなど粘りのゴルフを身上とし、1976年には見事、賞金王に輝いた。
しかしこの頃、プロゴルフ界にはプロ野球から転向してきた尾崎將司選手が現われ、青木選手の前に大きく立ちはだかる存在となっていた。その後、青木選手より少し若い中嶋常幸が頭角を現し始め、プロゴルフ界ではAON(青木・尾崎・中島)と呼ばれる一時代を築く。テレビでもトーナメントツアーが放送されるなどゴルフ人気は高まってゆく。
そうした中で青木選手は1978年から1981年にかけて4年連続日本ツアー賞金王に輝き、前後して海外にも活躍の場を広げていった。青木さんが本格的に海外参戦したのは1974年。初めてマスターズに出場したが、予選落ちという屈辱を味わう結果となっている。

おすすめの記事