「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界ランク1位のジェイソン・デイ選手の魅力や功績とは

2017 3/29 18:48kinsky
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE / Shutterstock.com

ジェイソン・デイ選手は2016年のゴルファー世界ランキングで1位だ。スピース選手、マキロイ選手とともにビッグ3の一角を占めるゴルファーの一人。強みは飛距離と安定感で、当分世界1の座は揺るぎないという見方もある。デイ選手のプロフィール、功績などを紹介する。

少年時代にタイガー・ウッズ選手との共通項を知り、急速に上達

ジェイソン・デイ選手はオーストラリア出身。母親がフィリピン人で父親がオーストラリア人だ。6歳の頃からゴルフを始め、11歳の頃に自分と同じ東南アジア系の血を引くタイガー・ウッズの本を読んで自分との共通した境遇に共感し、タイガー・ウッズの練習法を取り入れ急速に上達した。
13歳でオーストラリアのアマタイトルをほとんど制覇し、2004年には世界ジュニア選手権でも優勝するなどアマチュアのうちから大活躍をした後、2006年にプロ転向した。

米ツアーの初優勝は2010年、そして2015年には5勝とブレイク

ジェイソン・デイ選手はアマチュア時代の華々しい経歴をひっさげ2006年にプロデビューしたが、大きな大会での優勝にはしばらく届かず、米ツアーの初勝利は2010年の「HPバイロン・ネルソン選手権」だった。また、翌2011年にはマスターズと全米オープンで共に2位という成績を収めている。
その後数年優勝から遠のいていたが、2015年に行われた世界ゴルフ選手権の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で優勝すると、翌年の2015年にはツアー5勝という快挙を成し遂げ、一気にトッププロの地位に駆け上がった。

おすすめの記事