「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロゴルファー谷原秀人の実績と功績は、そして今シーズンへの期待

2017 3/29 18:48kinsky
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.pargolf.co.jp/

谷原秀人選手は2016年池田勇太選手と最後まで賞金王を争い、惜しくも2位だった。しかし、総合力では谷原選手がトップだったという数字があり、その実力は折り紙つき。2017年は初の賞金王を狙える存在といえるだろう。その谷原選手のこれまでの歩みや功績などを紹介する。

ゴルフ強豪大学に進学、アジア大会などに出場

谷原秀人選手は広島県尾道市の出身で、ゴルフを始めたのは12歳決して早い方ではない。先輩プロの田中秀道選手を輩出した瀬戸内高校に進み、その後ゴルフ強豪校の東北福祉大学に進学した。
大学時代大きなタイトルはないが、出身地元の中国アマでは3連覇を達成し、1998年バンコクで行われたアジア大会に日本代表メンバーとして出場し団体金メダルの立役者となった。そして、大学卒業後の2001年にプロ転向し、トッププロとしての道を歩み続けている。

プロ入り3年目で初優勝し、2004年以降は国際舞台も経験

谷原選手がプロ初勝利を挙げたのは3年目の2003年、「マンダムルシードよみうりオープン」だった。同年には全英オープンや米国PGAツアーシード権獲得のためのトーナメントにも挑戦し、いずれも苦い思いをしたが国際舞台での経験を積んだ。
そして2004年には再チャレンジでPGAツアーのシード権を獲得。結果的には身体の不調もあり1年でアメリカから撤退したが、翌年の2006年には日本で2勝を挙げて賞金ランキングでも2位となった。その年の全英オープンでは5位に入るなど活躍した。

おすすめの記事