「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

人気も実力もゴルフ界を席巻するイ・ボミ選手、ファンを熱くさせるその魅力とは

2017 3/29 18:48kinsky
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kanjanee Chaisin / Shutterstock.com

2015年、2016年連続して賞金女王に輝いたイ・ボミ選手は、今や日本女子ツアーの顔といっても良い存在だ。人気、実力ともトップをひた走るイ・ボミ選手の功績や実績、魅力を紹介する。

プロ転向後、韓国で賞金女王になり、2011年から日本ツアーに参戦

イ・ボミ選手は韓国出身の女子プロゴルファーだ。韓国の京畿道水原市の出身で、両親からの勧めで12歳の頃からゴルフを始めた。アマチュアで実績を積み重ね、2008年20歳で韓国女子ツアーにデビューしている。
そして2年後の2010年に3勝を挙げて初めて韓国の賞金女王になった。同時に年間最多勝、最小ストローク賞、最優秀選手賞も獲得し、4冠を達成した。翌年からは主戦場を日本女子ツアーに移し、実力とルックスから徐々にファンを獲得し現在に至っている。

日本ツアー2年目に3勝、一気に注目を浴びる存在に

2011年に日本ツアーに参戦したイ・ボミ選手は、この年16戦に出場。ダイキンオーキッドレディズの3位が最高で、ベスト10にも4回入ったが勝利はなかった。
しかし、翌2012年には日本の水にも慣れ、「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で初優勝を飾ると、「伊藤園レディスゴルフトーナメント」とシーズン終盤に開催されたメジャー大会の「LPGAツアーチャンピオンシップ」タイトルも獲得、シーズン3勝を挙げ、一躍注目を浴びるニューヒロイン的存在になった。

おすすめの記事