「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

80年代以前の人気ゴルフ漫画をピックアップ

2017 3/29 09:48kinsky
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oranzy Photography / Shutterstock.com

1970年代からゴルフのトーナメント開催が増え、テレビなどでもプロの試合が放映されるようになり、ゴルフがぐっと身近になりました。そして、漫画の世界にもゴルフが登場するようになる時代が始まりました。そこで今回は、1980年代以前の人気ゴルフ漫画を紹介します。

ゴルフ漫画の草分け的存在「プロゴルファー猿」

「プロゴルファー猿」は1974年から1980年まで少年サンデーに連載された、ゴルフ漫画の草分け的存在です。ゴルフを題材とした少年漫画初の試みで、作者は藤子不二雄A氏です。
主人公は猿そっくりの野生児・猿谷猿丸。6歳でゴルフを始め、賭けゴルフを行うプロとして、自作の木製クラブで戦い続けます。「旗つつみ」などの必殺技を繰り出すなど並外れた技を持つ猿。その実力に目を留めたミスターXは、猿を自分の組織に加えるべく様々な刺客を差し向ける。刺客たちと激しいバトルを繰り広げるスリリングな展開に、子どもから大人までを夢中になった作品です。

「あした天気になあれ」はかけ声「チャー・シュー・メン」が大流行

「あした天気になあれ」は1981年から90年にかけて週間少年マガジンに連載されていた人気漫画です。ちばてつや氏による夢が溢れたゴルフ漫画で、食堂の長男である太めの主人公がプロを目指して師匠の元で猛特訓を受け、史上最年少でプロテストに合格、最終的に夢だった全英オープンに出場します。
主人公がショットするときに発する「チャー・シュー・メン」は当時国内のゴルフ界を中心に大流行しました。なお、テレビアニメとしても制作され1984年から85年までフジテレビ系列で放映され、こちらも人気を集めました。

おすすめの記事