「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本のエース、松山英樹選手のクラブセッティングは?

2017 3/3 18:51kinsky
松山英樹,クラブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.golfnetwork.co.jp

松山英樹選手は昨年WGC HSBC(世界ゴルフ選手権)を制し、世界ランキングを6位に上げた。押しも押されもしない日本人ゴルファーのエースとして今年の活躍が期待される松山選手のクラブについて解説する。

昨年、ドライバーをダンロップからキャロウエイに変更

松山英樹選手は昨年10月の日本オープン優勝に続き、国内外で優勝2回を重ね絶好調でシーズンを終えた。この好調の原因として日本オープン後にドライバーを変えたからということが指摘されている。
米国男子ツアー選手の中でドライバーの平均飛距離は294.5ヤードでランク65位なので、決して飛ばし屋ではないが、持ち味は正確にフェアウェイをキープするということだ。その松山選手が従来までの愛用クラブ「ダンロップ」製から「キャロウェイ」に変えたのだ。

松山選手の新ドライバーは打感の良さと安定性が特色

松山選手が長く愛用していたドライバーは「ダンロップスリクソンZR30-ドライバー」(9.5度)だった。このクラブで日本オープンに優勝したのだが、世界選手権からはキャロウエイゴルフ社の「グレート ビッグバーサドライバー」(9度)に変えていた。
今後も同じドライバーを使用し続けるのかどうかは分からないが、グレートビッグバーサは優しい打感とショットの安定性が特色。スライスを防ぐ作用があるので松山選手に合っているクラブなのかも知れない。

おすすめの記事