「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフを題材とした作品はスポーツ漫画の定番。90年代以降の傑作選

2017 2/16 10:10
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by SOMKKU/Shutterstock.com

スポーツを題材とする漫画は数多く、中でもゴルフを物語のベースとした作品からは人気作が次々と生れています。今回は古典を除き1990年以降に発表されたゴルフ漫画から人気5作品を選んで紹介します。

多数のプロを出したゴルフ塾を主催する坂田プロ原作「風の大地」

「風の大地」はビッグコミックオリジナルで1990年から長期連載された作品です。坂田信弘さん原作で作画をかざま鋭二さんが担当しました。原作者の坂田信弘さんは坂田ゴルフジュニア塾を主催するゴルファーで、教え子に古閑美保氏、上田桃子選手らがいる名指導者です。
風の大地は遅咲きのゴルファーである主人公・沖田圭介がさまざまな試練を乗り越えながら世界各地を転戦。メジャー大会で活躍するまでを描いたもので、実在のゴルファーから架空の人物が交差しながら登場し、物語の臨場感を盛り上げています。

続編も連載されている人気作品「黄金のラフ」

「黄金のラフ」は「草太のスタンス」として1999年から2011年にかけて「ビッグコミック」で連載された作品です。作者はなかいま強氏で、まったく勝てないプロゴルファー3人が主人公・草太をプレーヤー、他の2人がキャディとスイングコーチとして「チームきりたんぽ」を結成しトーナメントにチャレンジして行く姿を描いています。
また、続編としてチーム解散後日本に戻って来た後の草太の奮闘ぶりと新たな展開を見せる「黄金のラフⅡ草太の恋」が2014年から連載されています。

おすすめの記事