「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ界には将来有望なジュニア選手が続々と登場している!

2017 2/16 19:10
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by photofriday/Shutterstock.com

石川遼選手や勝みなみ選手が15歳でプロツアー優勝したことなどから、ゴルフ界ではジュニア選手が脚光を浴び、今後も将来有望な選手が続々とプロツアーに参戦してくるものと見られている。活躍が期待されている有望株のジュニア選手を紹介する。

金谷拓実選手は高校3冠、日本オープンベストアマの実力者

広島県出身の金谷拓実選手は2015年の日本アマチュアゴルフ選手権で17歳という史上最年少優勝を飾った。また、この年の高校全国大会3冠に輝き、日本オープンでもベストアマのタイトルを獲得した。
2016年も全国高校ゴルフ選手権春季大会で優勝し、ジュニアトップの実力者と認められている。 2017年シーズンもプロツアーに参戦するものと見られ、近いうちのプロ転向もあると期待されている。現在の目標は東京五輪出場で、そのためにも早くプロに入りたい、との夢を抱いている。

中島啓太選手は小学生時代からプロ候補として期待されていた

中島啓太選手は金谷選手の2歳下だが、2015年の日本アマチュアゴルフ選手権で中学生ながら金谷選手と優勝を争い一躍注目された。地元の埼玉県では小学生の頃から頭角を現しており、将来のプロ候補と期待されていた。
2016年の日本オープンでは初日首位と3打差の4位発進で、2日目も堂々のゴルフで見事予選を通過。34位タイという結果を残した。まだまだ伸び盛りの高校1年生。2017年もツアーでの活躍が期待され、プロ入り間違い無しの有望株だ。

おすすめの記事