「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ選手からショップスタッフまで。「ゴルフ関係の仕事」まとめ

2017 1/25 10:28
ゴルフ キャディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Microgen/Shutterstock.com

「ゴルフが大好きなので将来はゴルフに関係する仕事がしたい!」という方はいませんか?一口にゴルフ関係の仕事といっても、プロゴルファー、キャディ、ショップスタッフなどたくさんあります。今回はそんなゴルフ関係の職業についてまとめました。

ゴルフ関係の仕事その1~トーナメントプロ

ゴルフに関係する仕事の筆頭は、いうまでもなくプロゴルファーです。プロゴルファーにも2種類あり、トーナメントプロとレッスンプロにわかれます。
トーナメントプロになるには、大前提としてずば抜けたゴルフの実力が必要です。日本ではかつての宮里藍選手や石川遼選手のような「スーパーキッズ」がメディアで取り上げられますが、表舞台には出てこないキッズゴルファーたちが大勢います。
残念ながら、若者たちの血のにじむような努力は、必ず実を結ぶとは限りません。プロテスト合格や規定のツアーでの上位入賞など厳しい壁を乗り越えないといけないからです。
トーナメントプロになれない場合や、なれたとしても上位へ食い込んでいくような成績をあげられないまま引退したような場合は、後述するレッスンプロへ転身するのが通例です。

ゴルフ関係の仕事その2~レッスンプロ

レッスンプロになるためには、日本プロゴルフ協会(JPGA)または日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が実施するテストに合格することが必要となります。
レッスンプロとなったあとは、ゴルフ場・練習場・ゴルフショップ・フィットネスクラブなどと契約を交わし、お客のリクエストに応じて個別レッスンを行うことを主な仕事とします。
トーナメントプロもレッスンプロも、プロの技術を売りにしてお金を稼ぐプロアスリートである点では同じです。競技を対象としているか、ゴルフを学びたいアマチュアプレーヤーに指導することを目的としているかの違いとなります。
トーナメントプロは、国内外から集まるトッププレイヤーたちとしのぎを削りながら、自分の力を試し、お金を稼ぐという弱肉強食の世界で生きています。
それに対してレッスンプロは、ゴルフ場や練習場で、顧客であるアマチュアプレーヤーのリクエストに応じて必要な技術を指導するという、コーチ業という仕事です。

ゴルフ関係の仕事その3~キャディ

キャディにもプロと同様2種類あります。一つは、トーナメントプロと契約を交わしてキャディを行う場合。もう一つは、ゴルフ場と契約し、来場した会員に同伴してサポートする場合です。
前者のようなプロキャディになるためには、まずゴルフ場のキャディとして経験をつんだあと、すでにプロキャディとして活躍している先輩からの紹介などでプロとの面識を得て、トライアルを経てから専属のキャディ契約を交わすという手順をふみます。
一方、ゴルフ場のキャディは経験は不要な場合がほとんど。一定期間の研修を受けさえすれば、誰でもキャデイをつとめることができます。
両者の報酬は大きく差があり、プロキャディは基本給として週に10万円前後支給されます。また担当するプロがトーナメントで獲得した賞金の10%程度をもらえるので、トッププロのキャディの年収は相当な額になります。
一方、ゴルフ場のキャデイは、「ゴルフ場スタッフ」の一人なので、ゴルフ場のほかのスタッフと同等の給料となります。

ゴルフ関係の仕事その4~コース管理作業員

キャディとならんで、ゴルフ場の運営に欠かせない職業がコース管理作業員です。
主な仕事は、コースの整備です。ティーグランド、コース、フェアウェイ、グリーンの芝や草刈り、バンカーの砂の整備などのほか、芝の苗の育成、ラフや植栽の手入れ、機械類の整備もコース管理作業員の大切な仕事です。終日コースに出て仕事をするので、自然や植物が好きな人であれば気持ちよく働ける職業だといえます。
ただ、雇用形態としては契約社員やアルバイトが多いため、給料の相場も月給15万円前後や時給1000円前後という場合が多いようです。

ゴルフ関係の仕事その5~ショップスタッフ

ゴルフショップのスタッフは、プロやキャディ以外ではもっともゴルフに親しめる職業だといえます。
ゴルフに関するあらゆる商品を扱うゴルフショップでは、常に最新のゴルフ用品に囲まれて仕事をするので、ゴルフグッズが好きな人ならばたまらない職場でしょう。
また、有名ゴルフショップなどでは、トッププロを招いたイベントを頻繁に行っているので、そのような店のスタッフになることで、あこがれのプロに(ファンとして)近づけるというメリットもあります。

まとめ

プロゴルファーでなくても、ゴルフを身近に感じられる仕事はたくさんあります。トーナメントプロは実力が全てのシビアな競技の世界ですが、それ以外の職業は、「ゴルフ愛」さえあり就くことができれば、幸せな時間を過ごせる職業だと言えると思います。ゴルフがかなり好きであれば、一日中ゴルフに触れていられる、この中のどれかに従事するのも一つの選択肢かもしれません。

関連記事

おすすめの記事