「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

3度の女子ゴルフ賞金女王に輝いた大迫たつ子さんの功績とは?

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://gora.golf.rakuten.co.jp/

日本プロゴルフ殿堂入りを果たした大迫たつ子さんを知らないゴルフファンはいないのではないだろうか? 3度の賞金女王にも輝いた大迫たつ子さん。その功績を詳しく紹介したいと思う。

宮崎県出身で誕生

大迫たつ子さんは、1952年に宮崎県で生まれた。小さな頃からゴルフをプレーしており、突出した才能があったわけではないが、非常に努力家だったため、実力を伸ばしていく。
中学を卒業すると、宝塚ゴルフ倶楽部に入社して、キャディとして働きながら修業する。1971年、19歳になった時にプロゴルファーとしてデビュー。この時点で実力はかなり高く、翌年の1972年には賞金ランキングの20位までのぼり詰めていった。

樋口久子選手の10年連続賞金女王を阻止

大迫さんは女子プロゴルフの8期生として登録された。大迫さんが活躍した頃は、日本の女子プロゴルフ界の黎明期といっても過言ではなかった。
それまで無類の強さを誇っていた樋口久子選手の10年連続の賞金女王の座を、1977年に奪うことに成功した。これは、今でも語り継がれる歴史的な快挙であり、ここから大迫選手の快進撃が続いていく。
その後も、毎年トップ争いを続けながら、1980年、1987年に賞金女王に輝くのだった。

おすすめの記事